メガソーラー施設の杭打ち速度は重機次第!耐用年数が変わる良い杭・悪い杭の見分け方

日本で流通しているスクリュー杭は国産・外国産と種類豊富ですが、中には粗悪品もありますので、見分け方を知っておくと安心です。

こちらでは、良い杭と悪い杭の見分け方と太陽光発電に使うスクリュー杭の耐用年数、メガソーラー施設の杭打ちに適した打設方法、重機を使った打ち込み工事の進め方をご紹介いたします。

杭打ち工事にスピードとコスト削減を求めるなら、ぜひGaykやボブキャット製品のレンタルをご検討ください。

杭打ち工事の前に要チェック!良い杭と悪い杭の見分け方

Check before pile driving work

杭打ちにどのようなスクリュー杭を使うかで施工状態に影響が出てくるため、“良い杭”を探さなくてはなりません。

杭の良し悪しの見分け方ですが、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

杭の厚み

厚みがあれば強度もアップするので、多少地盤が固くても、良い働きが期待できます。

溶融亜鉛メッキ加工の有無

スチール製の杭は腐食を免れませんが、しっかりとメッキ加工されていれば防食効果が期待できるので安心です。もしメッキ加工がはがれていたら、亜鉛を高濃度に含有した常温亜鉛メッキ塗料等を塗布します。また、特に侵食が高い土壌への施工では、エポキシ系の防錆塗料を塗ってカバーすると良いでしょう。

変形や破損の有無

杭の変形は粗悪品によくみられるパターンで、スクリュー部分のツバが欠けているケースもあります。打ち込み時には異常がなくても、引き抜き時に異常がみつかることもあるので、注意が必要です。

メガソーラー施設の杭打ち工事をご予定なら、コスト削減・スピードアップが期待できるGaykやボブキャット製品をご利用ください。世界中で圧倒的な知名度・シェアを誇るボブキャットのコンパクトローダーは、専用パターンのゴムクローラーを採用しているため、高い走破性と安定性を実現しています。もちろん、車両本体やアタッチメントのみのレンタルも可能です。OVAL3(オーバル3)では操作インストラクションにも対応しているため、ボブキャット製品の利用が初めての場合でもご安心ください。

太陽光発電に使うスクリュー杭の耐用年数

スクリュー杭の耐用年数は、スクリュー杭自体に塗布された溶融亜鉛メッキの耐用年数が目安となります。この溶融亜鉛メッキの膜厚と、杭打ちした土壌の条件によって耐用年数は若干前後しますが、おおむね以下のとおりです。

日本における使用環境別の亜鉛腐食速度

ばく露試験地域 平均腐食速度(g/m2/年)と耐用年数
都市工業地帯 平均腐食速度:9.3、耐用年数:53年
田園地帯 平均腐食速度:4.5、耐用年数:110年
海岸地帯 平均腐食速度:11.1、耐用年数:45年

このように、スクリュー杭の耐用年数は使用する環境で大きく変わることがわかりますが、おおむね50年程度が溶融亜鉛メッキの塗布されたスクリュー杭の耐用年数となります。

ドイツ製杭打ち機Gaykはメガソーラー施設の開発工事を効率化することができます。レンタルをご希望ならOVAL3(オーバル3)へお問い合わせください。

太陽光パネルの設置工事に適した打設方法とは?

the suitable

太陽光パネルの設置工事に適したスクリュー杭の打設方法は、土地の状態によって大きく変わってきます。

通常、太陽光パネルを設置する際は、地盤調査と必要に応じた地盤改良工事、雑草対策や雨水対策も必要となります。土嚢や石材を置く、防草シートを敷くなどの対応も求められます。

スクリュー杭の打設方法としては、地中に障害物がある土地では、エコプローブなどでの掘削後の打設も視野に入れる必要があります。コンクリートで被膜された土地では、架台設置のためユンボを使った表層の破壊と打設、緩い地盤の場合は固化材を入れて地盤を固めてからの打設も有効な手段です。傾斜のある土地では、Gaykなど特殊な杭打ち機が効果的です。

太陽光発電用架台設置工事で高性能の杭打ち機をお探しならOVAL3(オーバル3)へご相談ください。太陽光発電用架台設置工事では様々な重機が用いられます。そのなかでも、パワーと汎用性に優れたGaykやボブキャット製品は人気が高く、作業の効率化とコスト削減が図れます。特にボブキャットのコンパクトローダーはアタッチメントが60種類以上あり、1台あればアタッチメントをワンタッチで付け替えることであらゆる現場作業に対応可能です。

OVAL3(オーバル3)では太陽光架台工事のコンサルティングも行っているため、工期や土地の傾斜、作業員不足などに関するご相談にも対応いたします。

重機を使った打ち込み工事の進め方

スクリュー杭の打設には、特殊な工具が必要です。太陽光発電施設においては、架台とソーラーパネルを支える土台となり、施工精度がメンテナンスのしやすさにも影響するため、高度な技術と適切な重機の使用が必須です。

重機を使ってスクリュー杭打設を行う場合、バックホーにオーガと呼ばれるアタッチメントを取り付けての施工が一般的です。

オーガを使った打ち込みは、水平器で垂直方向を確認してオーガのオートレベルで杭の天端を決め、取り付けられたスクリュー杭を回転速度に合わせてゆっくり押し込みながら打ち込んでいきます。その際、途中で垂直を確認しながら進めることが大切です。土壌や打ち込み深度、重機の性能にもよりますが、1本の杭を打ち込むのに数分程度かかります。

圧倒的な杭打ちスピードが魅力の杭打ち重機Gaykや、アタッチメントの付け替えで様々な作業に対応できるボブキャットのコンパクトローダーは、OVAL3(オーバル3)でレンタル可能です。お電話やメールよりお気軽にお問い合わせください。

メガソーラー施設の杭打ちにGaykを!

良い杭と悪い杭の見分け方やスクリュー杭の耐用年数、打設工事の進め方などをご紹介いたしました。重機での杭打ち工事には打設方法がいくつかあり、その進め方にもポイントがあります。スピード感を意識して打設工事を行うなら、OVAL3(オーバル3)でレンタル可能なGaykやボブキャット製品の利用をご検討ください。

OVAL3(オーバル3)では太陽光架台工事のコンサルティングも行っているため、メガソーラー施設工事の工期や土地の傾斜、作業員不足などに関するご相談にも対応可能です。

メガソーラー施設(太陽光発電施設)の杭打ちに適した方法に関することならOVAL3(オーバル3)

会社名: 株式会社オーバル3
住所: 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301
TEL:
Mobile:
Mail: info@oval3.com
受付時間: 月〜土 9AM-6PM
URL: http://www.oval3.com

お問い合わせ

TEL:050-5491-1170
または 070-4368-5460
受付時間:月〜土 9AM-6PM
Mail: info@oval3.com

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301

電話をかける