太陽光施設の杭打ちにはGaykのレンタルを!操作指導の流れと設置に向いている土地

太陽光発電に利用できる土地の条件が年々厳しくなる中で、杭打ち工事もより難度が高くなっており、適切な重機の選択が大きなポイントとなっています。

こちらでは、スピーディーな杭打ちが可能なGaykの操作指導の流れとレンタル事業の詳細、太陽光パネル設置に向いている土地・地盤についてご紹介いたします。

OVAL3(オーバル3)はメガソーラー建設工事に必要な様々な重機のレンタルやコンサルティングも行っています。重機レンタルに関するご相談はもちろん、施工に関するアドバイス、工期や設置予定の土地・地盤に関するお悩みもお気軽にお問い合わせください。

杭打ち機Gaykの操作指導の流れ

Flow of operation guidance

杭打ち機Gaykのレンタル、ならびに操作指導をご依頼の際、以下のような形で進めてまいります。

  • 1.ご依頼いただいたお客様へ、電子メールで見積書を送付いたします。
  • 2.メール受信後、見積書下部の各空欄に必要事項をご記入いただき、押印してください。その後、スキャン画像を電子メールでご返信ください。こちらが発注書となります(または、電子署名システムによる発注も可)。
  • 3.OVAL3(オーバル3)よりお客様へ、請求書または預かり保証金請求書を送付いたします。
  • 4.請求書発行日から5営業日以内にOVAL3(オーバル3)指定口座へご入金ください。
  • 5.お客様への入金確認のご連絡をもって確定とさせていただきます。

太陽光発電パネル設置工事でコスト削減・高パフォーマンスを目指すなら、杭打ち機Gaykの利用をご検討ください。OVAL3(オーバル3)は、ご希望があればGaykのレンタルに伴う操作指導なども行います。また、ボブキャット製品のレンタルも行っており、車両本体やアタッチメントのみのレンタルも可能です。全国対応でレンタル期間中の修理、現場までの往復回送も承りますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

太陽光発電パネルの設置に向いている土地とは?

suitable for installing photovoltaic panels

太陽光発電パネルの設置に向いている土地の条件として外すことができないのは、日射量です。

太陽光発電パネルは、建物のように数メートルの高い位置に設置するのではなく、低くて地面に近い場所に設置する必要があります。そのため太陽光発電パネルの近くに木や建物など日光を遮るものがなく、将来的にも建物が建つ予定のない土地が最適です。現在影となる部分がなかったとしても、念のため将来の建築予定などを確認しておくのがベターです。

また、発電施設の近くに配電設備やその他インフラが揃い、連係が容易であるか否かも、太陽光発電パネルの設置において重要なポイントになります。いくら日照条件がよくても配電設備がないのでは、発電した電気を売却することができません。配電設備がなければ電気会社へ売電するための自営線設置等の工事用コストを算出しなければならないので、その場合も太陽光発電パネルの設置に向いている土地とはいえないでしょう。

つまり、太陽光発電パネルの設置に向いている土地とは、よく陽があたり、周りに影となる障害物がない、そして近くに配電設備があるという3つの条件が揃っている土地です。

太陽光発電施設の設置にはしっかりとした地盤が不可欠

太陽光発電施設の設置に適した土地の条件として、日照面と周辺環境(障害物がない、配電設備がある)を挙げましたが、もう一つ、しっかりとした強い地盤であるかどうかも重要なポイントです。

太陽光発電施設では架台とパネルをしっかりと支える丈夫な基礎が必要です。この基礎工事は地盤の状態によって種類が変わってきます。もし適した工事によって基礎がつくられなければ、脆弱な土台の上に発電施設が建つことになり危険です。

地盤がしっかりしていること、平たん、もしくはなだらかな傾斜の土地であれば、どのような重機・工法を利用しても問題なく杭打ちができますし、丈夫な土台をつくることができます。

しかし、傾斜角度が急だったり、地盤の状態が軟弱だったりするケースでは、施工技術や安全性の観点から施工が困難となる可能性もあります。

太陽光発電施設の設置にはその土地の地盤も大きく影響してくるため、注意が必要です。

太陽光パネル設置現場で大活躍の杭打ち機Gaykやボブキャット製品はOVAL3(オーバル3)でレンタル可能です。工期や土地の傾斜、人員不足に関するご相談もお気軽にお問い合わせください。全国対応可能です。

杭打ち機Gaykのレンタルについて

杭打ち機Gaykは、メガソーラー建設などに最適の重機です。

通常、バックホーの熟練作業員で1日あたり約100本の杭打ちが可能なところを、Gaykなら100本~250本程度の打設ができるため、メガソーラーなどの大規模施設の建設に適しています。

しかも熟練の技術は不要で誰でも簡単に取り扱いが可能なほか、最大30度程度までの急勾配な土地でも杭の打設ができます。圧倒的な杭打ち速度と簡単操作で、工期・人件費の削減も可能です。

メガソーラーなどの建設にGaykやボブキャットのコンパクトローダーを活用したいとお考えでしたら、レンタルができるOVAL3(オーバル3)へお問い合わせください。

レンタル期間はお客様のご要望に合わせて2週間や半年、さらに長期などお選びいただけます。お問い合わせやお見積り依頼は、電話またはメールでお待ちしています。

太陽光発電パネル設置工事の杭打ちにGaykやボブキャット製品を

太陽光発電パネル設置工事の杭打ちと設置に適した土地の条件などをご紹介いたしました。Gaykやボブキャット製品のレンタルをお考えの方、お見積り依頼をお考えの方は、ぜひ電話またはメールでお問い合わせください。太陽光架台工事コンサルティングも行っているため、工期が短い・土地の傾斜が急な難工事で困っている・作業員が不足しているなどのお悩みにも対応いたします。

太陽光施設の杭打ちに関することならOVAL3(オーバル3)

会社名: 株式会社オーバル3
住所: 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301
TEL:
Mobile:
Mail: info@oval3.com
受付時間: 月〜土 9AM-6PM
URL: http://www.oval3.com

お問い合わせ

TEL:050-5491-1170
または 070-4368-5460
受付時間:月〜土 9AM-6PM
Mail: info@oval3.com

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301

電話をかける