ソーラーパネル設置工事には杭打ち機を!スクリュー杭のメリットや必要工具

こちらでは、スクリュー杭のメリット・デメリットや必要工具、杭の厚さチェックのポイント、太陽光用地に適した土地についてご紹介いたします。

ソーラーパネル設置工事における杭打ちに関するご相談・ご質問があれば、ぜひOVAL3(オーバル3)へお問い合わせください。

スクリュー杭のメリットとデメリット

Advantages and disadvantages

スクリュー杭には以下4つのメリットがあります。

メリット

  1. コストが安価
    国産のスクリュー杭は割高ですが、中国製の割安スクリューが多く出回っているためコスト削減ができます。また、施工が容易なので工事費が抑えられ、杭の打ち込み角度の調整で水平を保ち造成コストも安く済みます。
  2. 施工スケジュール短縮ができる
    コンクリート基礎と比較した場合、1/3の工期で済みます。
  3. 撤去作業が容易
    売電期間終了後、逆回転することで用意に撤去可能です。
  4. リサイクル可能
    オールスチール素材なので、使用後はリサイクルが可能です。そのため、廃棄コストの削減ができます。

デメリット

  • 地中の障害物があると打ち込めない
  • オールスチール製で腐食が進みやすい(溶融亜鉛メッキやエポキシ樹脂塗装等で被覆することは可能)
  • 砂状の土地やぬかるんだ軟弱な土壌、地下に空洞があるような土地では使用できない

OVAL3(オーバル3)でレンタルができるGaykには、スクリュー杭用ローテーションギア(オーガー)も装着可能で、通常のバックホーによる施工よりも効率よく作業を進めることができます。

ソーラーパネルの設置工事でコスト削減や高パフォーマンスを目指すなら、ぜひOVAL3(オーバル3)の杭打ち機Gaykをお役立てください。

また、OVAL3(オーバル3)では様々な用途で活躍する小型建機ボブキャット製品もご用意しています。1日だけの短期レンタルはもちろん、1年以上の長期レンタルにも対応しているため、お客様のニーズに合わせてご利用いただけます。車両本体やアタッチメントのみのレンタルも承っていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

杭の厚さは重要なチェックポイント

筒状になっているスクリュー杭は、外径の厚さが強度にかかわります。これが肉厚であるほどよく、あらゆる土地で十分な強度を保持することができます。目安としては外径が2.5mm以上のものがよく、2.5mm~3.5mm程度の範囲内であれば最適です。

ちなみに、仕様書に記載されている厚さが2.5mmであっても、実際に納品されたスクリュー杭の厚さが2mmしかなかった、というケースもあります。

十分な厚さがないと、地中に打ち込む際に引きちぎれてしまうことがあるため、仕様書だけでなく検品してから利用することが大切です。

ドイツ製杭打ち機Gaykで、ソーラーパネル設置工事を効率化するならOVAL3(オーバル3)へお問い合わせください。Gaykと併せてボブキャットのコンパクトローダーをレンタルいただくことで、よりスムーズな作業が実現します。レンタルエリアは全国で、レンタル期間中の修理や現場までの往復回送も承ります。

ソーラーパネルを設置する太陽光発電用地に適した土地

Land suitable

スクリュー杭を利用した杭打ち基礎工事を行う場合、これに適した土地かどうかを確認しておく必要があります。

まず太陽光発電用地として利用する場合は、地盤調査の依頼が必須です。

緩い地盤の場合は、スクリュー杭は適しません。最悪の場合、架台が倒壊する恐れがあります。

地盤調査は前提となるわけですが、目安としては砂利やがれき、転石などの障害物が埋設されていない土地、赤土や粘土質の土壌が締まっている、空洞がない、水はけがよい土地などが挙げられます。なるべく沿岸部から離れている土地が好ましいです。

また、スクリュー杭なら傾斜地でも施工できるケースもあり、土地の状態に応じて検討する価値があるといえるでしょう。

ソーラーパネル設置工事で高性能杭打ち機をお探しなら、OVAL3(オーバル3)で取り扱うGaykをご検討ください。Gaykならコスト削減・作業効率化が期待できますが、併せてボブキャットのコンパクトローダーをレンタルいただくことで、より効率的に作業が行えます。汎用性が高い建機なので、1台の車両で多くの作業に対応できるのが魅力です。

杭打ち工事の必要工具と必要作業

スクリュー杭を使った基礎工事では、必要工具がいくつかあります。

特に太陽光発電に使われる架台、パネルの設置にも杭基礎の強度が影響を及ぼすこともあり、見栄えにも影響してくるので、設計と施工精度が重要です。

専用アタッチメント「オーガ」

スクリュー杭の打ち込みにはバックホー専用のアタッチメントが必要です。オーガと呼ばれるアタッチメントにセットしたスクリュー杭を垂直にして、回転速度に合わせて押し込みながら地中へ打ち込んでいきます。

墨出し作業

杭打ち前には測量機(トランシット)を使って杭を打つ場所をマーキングする「墨出し(位置出し)」を行う必要があります。杭打ち施工の段取りにおいて欠かせない作業です。

重機による打ち込み工事

重機で打ち込む際の施工時間は1本あたり数分ですが、職人の技量や利用する杭打ち機によってはその施工速度が異なります。

スクリュー杭の打ち込み深度はオートレベルと呼ばれる測量機や水糸などを使って行います。これを利用することで、杭の天端が揃うので、きれいな仕上がりが期待できます。

杭打ち機GaykはOVAL3(オーバル3)でレンタルすることができます。全国への現場出張・修理対応はもちろん、海外へのレンタルにも対応しています。ボブキャットのコンパクトローダーのリースやレンタルも行っていますので、効率的な作業を目指す方はぜひお役立てください。

ソーラーパネル設置工事に必要な杭打ち機はOVAL3(オーバル3)で

ソーラーパネル設置工事に必要な杭打ちに関する情報をご紹介いたしました。

高性能杭打ち機Gaykは操作方法が簡単で、コスト削減や効率アップが期待できます。レンタルをご希望の方は、ぜひOVAL3(オーバル3)へお問い合わせください。

また、OVAL3(オーバル3)では世界中で圧倒的な知名度・シェアを誇るボブキャット製品のリースやレンタルを行っています。非常に汎用性の高い小型建機で、豊富なアタッチメントを付け替えるだけであらゆる現場作業に対応可能です。杭打ち機Gaykと併せてご利用いただくことで、より効率的に作業が行えます。

ソーラーパネル設置工事をお考えならOVAL3(オーバル3)

会社名: 株式会社オーバル3
住所: 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301
TEL:
Mobile:
Mail: info@oval3.com
受付時間: 月〜土 9AM-6PM
URL: http://www.oval3.com

お問い合わせ

TEL:050-5491-1170
または 070-4368-5460
受付時間:月〜土 9AM-6PM
Mail: info@oval3.com

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301

電話をかける