Gayk hre 4000は優れた特徴とメリットがある 既成杭工法について

「Gayk hre 4000」はドイツ製の杭打ち機で、太陽光架台工事に特化した機械です。杭打ちスピードも速く、様々な特徴やメリットがあります。一口に杭打ちと言っても様々な工法があるのですが、こちらではGayk hre 4000で行う「杭打ち工法」について解説いたします。

Gayk hre 4000のレンタルを検討されている企業様は、ぜひ参考にしてください。

既成杭とは? Gayk hre 4000をレンタルするならOVAL3(オーバル3)へ

黒板に描かれたクエスチョンマーク

既成杭というのは、あらかじめ工場などで作られた杭のことで、それを用いて現場で打設するのが既成杭工法です。できあがっている状態の杭を現場で打ち込むだけなので、施工が簡単です。最近では、その利便性の高さから既成杭は多くの現場で利用されています。

既成杭を使った杭打ちを行うことができるGayk hre 4000は、ドイツ製の機械です。ドイツは太陽光発電先進国と言われており、日本よりも太陽光発電所の建設が進んでいます。

そんなドイツで開発されたGayk hre 4000を気軽にレンタルできるのが、OVAL3(オーバル3)です。機械の詳しい特徴や仕様、性能やメリットについては直接お問い合わせください。

杭打ち工法の特徴

杭打ちの工法には様々な種類がありますが、大きく分けて「現場打ちコンクリート工法」と「既成杭工法(ラミング)」があります。現場打ちコンクリート工法は、本来の位置まで杭が入らずに止まってしまった場合、現場打ちコンクリート工法(根巻き)などで補強を行うことを言います。

  • 現場打ちコンクリート工法(根巻き):本来の位置まで杭が入らずに止まってしまった場合、現場打ちコンクリート工法(根巻き)などで補強を行う
  • ソイルミルク工法:主に軟弱地盤の場合
  • 置き基礎工法:地面が掘れない場合や、岩盤層などで掘削が全くできない場合など

既成杭工法(ラミング)の一つ、押し込み杭工法は、地盤に杭を直接押し込んでいく方法です。地面に杭を垂直に立て、杭の頭を重機で打ち込んでいきます。

杭引抜き工事とは?2つの工法の特徴を紹介

杭引抜き工事

一般的な建築現場での杭の引抜き工事とは、敷地内に埋め込まれている古い杭を撤去する工事のことです。

まずは、「ケーシング」と呼ばれる筒状の機材を使い、埋め込まれている杭の周囲を掘りながら、杭と地盤の縁を切ります。その後、次の2つの工法を用いて、杭を引き抜きます。

輪投げ工法

杭と地盤の縁を切ったらケーシングを引き上げ、輪投げのように杭にワイヤーをかけて引き上げる方法です。引き上げると同時に充填材を流し込んで、穴を埋めていきます。

チャッキング工法

ケーシングに内蔵された爪の部分で杭を掴み取る方法です。ケーシングによって杭と地盤の縁を切ったら、そのまま杭を掴み、ケーシングと古い杭を同時に引き上げます。また、同時に充填材を流し込み、穴を埋めます。

なお、太陽光架台設置工事では主にラミング杭やスクリュー杭が採用されています。杭打機でラミング杭を打設したり、スクリュー杭を回転させながら打設していきます。

OVAL3(オーバル3)では、効率よく杭を引き抜ける海外製の機械を取り扱っておりますので、杭の引抜き工事の効率化をお考えでしたらお問い合わせください。

メリットがたくさんあるGayk hre 4000をレンタルするならOVAL3(オーバル3)

太陽光架台工事の際は、OVAL3(オーバル3)でレンタルしている「Gayk hre 4000」をご利用ください。

Gayk hre 4000は太陽光架台工事の専用機で、杭打ちスピードが速いなどの特徴があります。工期の短縮、コスト削減など様々なメリットを期待することができますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

優れた特徴とメリットがあるGayk hre 4000のレンタルならOVAL3へ

会社名: 株式会社オーバル3
住所: 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301
TEL:
Mobile:
Mail: info@oval3.com
受付時間: 月〜土 9AM-6PM
URL: http://www.oval3.com

お問い合わせ

TEL:050-5491-1170
または 070-4368-5460
受付時間:月〜土 9AM-6PM
Mail: info@oval3.com

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301

電話をかける