Gaykをレンタルする前に知っておきたいポイント メンテナンスや料金については問い合わせを

ドイツ製の杭打ち機「Gayk」は、性能が良く、スピーディーに杭打ちできるのが強みです。日本製の杭打ち機に比べ打設が早く終わるため、レンタルを希望される企業が増えてきています。その一方で、リースやレンタルにはどれくらいの料金がかかるのか、またメンテナンスなどの面が気になる方も多いでしょう。

気になる点については、お気軽にOVAL3(オーバル3)にお問い合わせください。ここでは、埋め戻し材や杭引抜き工事の問題点について解説します。

Gaykをレンタルする前にチェック!埋め戻し材について

埋め戻し作業を行う作業員

Gaykをレンタルして杭打ちを行う際は、既存杭を引き抜く、杭引抜き工事を行うこともあります。その際、「埋め戻し」という作業が必要になります。

この埋め戻しを行う時に、どのような材料で埋め戻したら良いのか、ということには様々な意見があります。

埋め戻し材には、

  • 流動化処理土
  • セメントミルク
  • 発生土

などがあります。

砂の場合は引き抜いた穴からしか砂を入れることができず、きちんと入れないと十分な量が入りません。また、締固め・転圧がしっかり行えないということから、抜いたあとの場所が陥没したり、周辺の地盤が沈下したりといった問題も出ています。

また、セメントミルクの場合は杭打ち工事や山留工事、地盤改良工事などで数多く使用されていますが、硬くなると地中障害を引き起こすなどの理由から抵抗を感じる方も多くいらっしゃいます。このように、材料によってメリット・デメリットがあるため、どの埋め戻し材がベストかしっかりと判断することが大切です。

ドイツ製杭打ち機「Gayk」の情報を知りたいということでしたら、OVAL3(オーバル3)にご相談ください。太陽光発電の建設、太陽光架台工事についてのお問い合わせも承ります。杭打ち機のレンタル料金、リース、メンテナンスについても、お気軽にお問い合わせください。

杭引抜き工事の問題点について GaykのレンタルならOVAL3(オーバル3)へ

黄色のヘルメットを持った作業着の人

杭引抜き工事には様々な問題点があります。

1つ目は、折れた杭の地中残置です。杭が折れた状態で残ってしまい、杭のすべてを引き抜けないケースです。折れて残った杭は、地中の障害物となってしまうので、非常に厄介なのです。

2つ目は、引き抜いたあとの地盤の不良化です。杭を引き抜いたあとには、土砂などを入れて埋め戻しを行いますが、その際にきちんと埋め戻しができないと地盤が緩んでしまいます。それにより、陥没や周辺の地盤沈下、新設工事の時に悪影響を及ぼすことが考えられます。

ドイツ製の杭打ち機のほか、様々な重機のレンタルも行っているOVAL3(オーバル3)では、杭引抜き工事に関するお問い合わせも承ります。気になることがありましたら、ぜひご相談ください。

Gaykのレンタル・リースを行うOVAL3(オーバル3) 料金やメンテナンスについてはお問い合わせを

杭打ちはスピーディーに行うことができるかどうかという点が注目されがちですが、杭引抜き工事にも様々な問題点があり、慎重に行う必要があります。

Gaykをレンタルするなら、OVAL3(オーバル3)にお任せください。ドイツの杭打ち機「Gayk」は打設速度がとにかく速く、正確に杭を打つことができるので、太陽光発電所の建設が進んでいるドイツでは信頼されています。労務費やその他コストの削減、作業の効率アップをお考えの企業様におすすめです。

どんな機械なのか、またレンタルやリースの料金、レンタルの期間、メンテナンスの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。太陽光架台工事についてのご相談も承ります。

Gaykのレンタルやリースをお考えならOVAL3へ

会社名: 株式会社オーバル3
住所: 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301
TEL:
Mobile:
Mail: info@oval3.com
受付時間: 月〜土 9AM-6PM
URL: http://www.oval3.com

お問い合わせ

TEL:050-5491-1170
または 070-4368-5460
受付時間:月〜土 9AM-6PM
Mail: info@oval3.com

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301

電話をかける