杭打ち機のレンタル・オペレーターの派遣ならOVAL3(オーバル3) 傾斜地などの基礎工事に必要な杭打ちとは

一般的な杭打ちとは、土地に耐久性が高い建物を建てるために行う基礎工事です。地深部の「支持層」までしっかりと杭を打つことで、基礎を安定させます。OVAL3(オーバル3)では太陽光架台工事に特化した杭打機を取り扱っています。

こちらでは、杭打ち機のレンタルや操作指導を行っているOVAL3(オーバル3)が、杭打ちをする際に必要な事前調査と基礎工事の流れについて詳しく解説いたします。

杭打ち機のレンタルをお考えの企業様はチェック!杭打ちをする前に必要な調査

青空に向いたソーラーパネル

杭打ちをする前に必要な調査には、主に次の2つがあります。

現地調査

杭打ちを行う土地は、徹底した調査が必要です。そのため、まずは現地に赴き、実際に地形や地質等を見ます。造成地なら盛り土の状態を見たり、排水経路をチェックしたり、その他気になる点がないかなど細かいところまで確認します。

また、発電所建設予定地までの搬入経路や荷受け場、資材置場等も合わせて確認します。

地盤調査

現地調査が終わって、はじめて地盤調査を行います。地盤調査といえば、主に次の3つが挙げられます。

  • スウェーデン式サウンディング法(SS式)
  • ボーリング調査
  • 事前杭打ち試験及び載荷試験

太陽光発電所建設工事には、事前にスウェーデン式サウンディング法やボーリング調査等を実施し、土質や地中障害物の有無等のデータを収集するのが一般的です。また、導入検討中の架台メーカーの杭を実際に打設する、事前杭打ち試験(及び載荷試験)を実施する場合もあります。

徹底した地盤調査を行うことによって、どのタイプの架台基礎が適しているかを判断し、より詳細な架台設計を行います。OVAL3(オーバル3)では事前杭打ち試験(及び載荷試験)への杭打ち機レンタルも行っております。載荷試験では発電所敷地内に何ポイントか実際に使用する杭を打ち、地盤の状況調査を行います。打ち込んだ杭に測定器を取り付け、杭の支持力(押し込み・引き抜き・水平の3点)をチェックします。

杭打ち機のレンタルをお考えなら、OVAL3(オーバル3)にお問い合わせください。傾斜地でもしっかりと垂直に杭を打ち込むことができる、オペレーターが操作しやすい杭打機をレンタルいたします。

杭打ち機を使った基礎工事の流れ

地盤調査の結果に基づいて、杭打ち基礎工事を行います。太陽光発電所建設の杭打ち工法には、ラミング工法、スクリュー杭工法やキャストイン工法などがあり、地盤調査の結果によって適切な方法を選択します。それぞれの工事方法は異なりますが、一般的な工事の流れは以下のとおりです。

1.杭打ち機や材料の搬入

まずは、杭打ち機や荷受け、間配り用重機等を工事現場に搬入します。材料は工法によって異なりますが、スチール杭やコンクリートなどが多く用いられます。

2.杭芯の確認(ポイント出し)

杭芯とは、杭の中心のことです。設計図書を参考に、測量しながら各打設ポイントに正しい杭芯のマーキングを行います。

3.杭打ち機のセッティング

杭芯の位置に合わせて、杭打ち機を移動させます。傾斜地などでは杭打ち機が転倒しないよう、アウトリガーを張り出したりすることも大切です。

4.設計深度までの杭打ち

予め架台メーカー等から指定された設計深度まで杭打ちを行います。1本目が終わったら、杭打ち機を次の杭芯に移動します。

5.杭打ち機の搬出

すべての杭を打ち終わったら、杭打ち機や残りの材料を搬出します。

傾斜地で太陽光架台工事をするなら杭打ち機のレンタルを オペレーターが操作しやすい機械をご用意

傾斜地で太陽光架台工事をする杭打ち機

太陽光発電は、パネルを設置するための架台をしっかり固定するための杭打ち、基礎工事がとても大切です。後々の工程のことを考えて正確な位置にしっかりと打設する必要があります。

OVAL3(オーバル3)では、ドイツ製杭打ち機「Gayk(ガイク)」のレンタルやインストラクター派遣を行っています。日本で一般的に利用されているバックホウタイプの杭打ち機では、機械を操作するオペレーターからアーム先まで距離があり、杭の打設ポイントが見えにくいという課題があります。

Gaykならオペレーターが杭の打設ポイントを直接確認しながら打設できるため、より正確な杭打ちが可能です。急傾斜用アタッチメントを使用すれば、土地傾斜最大30度程度の傾斜地でも工事を行うことができ、効率良く作業を進めることができます。

杭打ち機のレンタルをお考えの企業様は、ぜひお問い合わせください。

杭打ち機のレンタルやオペレーターの派遣をお考えならOVAL3へ

会社名: 株式会社オーバル3
住所: 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301
TEL:
Mobile:
Mail: info@oval3.com
受付時間: 月〜土 9AM-6PM
URL: http://www.oval3.com

お問い合わせ

TEL:050-5491-1170
または 070-4368-5460
受付時間:月〜土 9AM-6PM
Mail: info@oval3.com

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301

電話をかける