杭打ち機「Gayk(ガイク)」の特長~メガソーラー建設などにぜひレンタルを~

杭打ち機「Gayk」を利用して産業用太陽光発電所の建設工事を効率化させませんか?当社では杭打ち機「Gayk(ガイク)」のレンタルや、500kw以上の高圧・特高案件の太陽光架台工事コンサルなどを行っています。

Gayk(ガイク)の特長をご紹介しますので、工事の効率化やコスト削減のために、ぜひ参考にしていただければと思います。

注目される再生可能エネルギー~太陽光発電の設置は重要な事業~

太陽光発電

地球環境へ配慮する観点から、世界的に注目されている再生可能エネルギー。太陽光をはじめ、風力や地熱、バイオマスなど、温室効果ガスを抑えながら発電することができるエネルギー資源を指します。

経済産業省の調査によると、1973年の第一次石油危機のエネルギー自給率は9.2%、その後東日本大震災の前年(2010年)には19.6%と上昇していましたが、震災以降、2016年には8.4%まで低下し、化石燃料依存度も上昇傾向にあります。

こうした状況を改善し温室効果ガスの排出を抑えるためにも、再生可能エネルギーの主力電源化を目指した取り組みが必要です。

私たちの生活に欠かせないエネルギーを生み出す再生可能エネルギーのうち、太陽光発電はとても身近で、個人で自宅に設置する方も増えています。発電量の多い高圧や特高案件の開発、設置を行う事業も非常に重要であると言えます。

太陽光発電の先進国はドイツ

ドイツは、太陽光発電の先進国として有名です。2018年における総発電量の4割以上が再生可能エネルギーによるものであったことがわかっており、太陽光での発電量は順調に増加しています。

日本は、世界的にみても再生可能エネルギーによる発電量がまだまだ少ない現状があります。それは、再生可能エネルギーの発電システムを導入するコストが高いことも関係していると言われています。

ドイツ生まれの杭打ち機「Gayk(ガイク)」の特長

杭打ち機

ドイツや他の太陽光発電先進国でシステムの導入コストが抑えられる点は、いくつか考えられます。その中で注目したいのが、杭打ちをはじめとする架台の基礎工事です。

日本の杭打ち

日本での杭打ちは、バックホーのアーム先にブレーカーなどの杭打ち専用のアタッチメントを取り付けて作業を行うのが一般的です。

この場合、1日の作業で50~80本、熟練の作業員で約100本の杭打ちが可能とされています。機械を操作するオペレーターからアーム先まで距離があり、杭の打設ポイントが見えにくいため、杭を垂直に打ち込むのに経験や技術が必要です。

ドイツや他の太陽光発電先進国の杭打ち

一方、ドイツを含めた他の太陽光発電先進国では、杭打ち機はGayk(ガイク)のような専用のものがあり、杭打ちスピード、機械としての性能は日本で普及している他の杭打ち方法と比べて圧倒的な差があります。

専用の杭打ち機があることから作業を効率的に進めることができ、工期・人件費ともに抑えられるため、日本の一般的な杭打ち方法に比べ架台工事の大幅なコスト削減につながります。

OVAL3(オーバル3)が取り扱う杭打ち機「Gayk」の特長

当社では太陽光発電システムの設置現場で欠かせない杭打ち機のうち、ドイツ製のGayk(ガイク)を取り扱っています。

近年は太陽光発電用の土地の条件が益々厳しくなっています。ゴルフ場や山といった急勾配な土地での難しい杭打設、さらに、非常に短い工期内での完工といった悪条件下での施工が求められることも多いです。しかし、当社で取り扱っているGayk(ガイク)を使用することで、1日あたり100本~250本程度の杭を打設することが可能となり、急傾斜用アタッチメントを使用することで、最大30度程度までの急勾配な土地での杭打設にも対応することができます。機械を操作するオペレーターは杭の打設ポイントを目の前で確認しながら作業でき、さらに機種によってはマスト自動調整機能が装備されているので、杭打設時にボタン操作1つで杭の垂直を自動的に出すことができます。一度使用すれば、他の杭打ち機に比べその圧倒的な性能に気付かされるはずです。

メガソーラーなどの建設にGayk(ガイク)をレンタルしませんか?

当社ではGayk(ガイク)のレンタルを提供しており、レンタル期間はお客様のご要望に合わせて2週間や半年、さらに長期などお選びいただけます。

お問い合わせやお見積り依頼は、電話またはメールでお待ちしています。

TEL:03-5755-5025 または 070-4368-5460

受付時間:月〜金 9:00~18:00

メール:info@oval3.com

杭打ち機をレンタルしませんか?

会社名: 株式会社オーバル3
住所: 〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301
TEL:
Mobile:
Mail: info@oval3.com
受付時間: 月〜土 9AM-6PM
URL: http://www.oval3.com

お問い合わせ

TEL:050-5491-1170
または 070-4368-5460
受付時間:月〜土 9AM-6PM
Mail: info@oval3.com

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-27-6 山本ビル301

電話をかける